忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※スローなお話会

今回のテーマは、「スローな地域を育てる~農村編~

前回のお話では、田舎で暮らすこともスローな生き方の一つだとお話しましたが、実際にどの様に農村などで暮らすことがスローな生き方につながるのかというのを今回はお話します。
大切なのは、ただ田舎で暮らしているだけで終わるのではなく、自分の住んでいる地域を自分、そして回りの仲間と共にその生活を自立させ、持続可能なものにすることです。

そこでキーとなってくるのは、その地域の経済、産業、子ども(教育)。

それらがしっかりとしているライフスタイルが確立されている地域は、例え不便であってもそれも魅力となるような、人が来たくなる地域となるのです。

どうすればそんな地域を育てられるのか。いくつかの地域の例を挙げてお話します。

日 時 : 4月8日(火) 19時半~21時
(終了後、30分程度交流会をやっています)
講 師 : 坂田裕輔(近畿大学教授、環境経済学)
場 所 : カフェスローOSAKA(阪急十三駅西口より徒歩8分)
料 金 : 700円(学生は500円)+1ドリンク
予 約 : できるだけ予約をお願いします(当日参加も可)
(晩ご飯⇒要予約 
cafeslow.osaka@gmail.com

<坂田裕輔プロフィール>
環境問題の研究者で、ごみ問題の経済評価を専門とする。
気候変動問題、地域や商店街の活性化、エコツーリズム、離島の環境問題や経済評価、スローライフ・スロービジネスの意義についても研究と政策提言を行なっている。

--- --- --- ---

6.5:(番外編)六ヶ所村ラプソディーを見よう(4月22日)
  7:スローな地域を育てる~都市編(5月前半)
  8:スローな政策(5月後半)
  9:スローな未来を創ろう(6月前半)
 10:スローライフと情報(6月後半)
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]