忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祖父母・父母・兄弟姉妹の家族で学びたい!
----------------------------------------------------------------------
 おおあさ自由学校  2011年度受講生募集開始
----------------------------------------------------------------------
 
おおあさ自由学校のねらい
 
 大麻草、大麻、麻、ヘンプ、カンナビス、マリファナ・・・いろいろな呼び名があるこの不思議な植物について、私たちは何を知っているのだろうか?
大麻=悪という情報だけなのだろうか?祖父母は、縄や下駄でお世話になり、父母は化学繊維で知らず、子どもたちは、ヘンプアクセサリーに親しむ。
世代と時空を超えて、人と自然、日本と世界、過去と未来、この世とあの世をつなぐ最先端な情報をこの教室で学んでみよう。
 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)が主催する「麻ではじめる自然生活」連続10回講座のようなものを大阪でも開催してほしいという多くの声を受けて、この植物に関わる各分野のスペシャリストの貴重な話を聞く「おおあさ自由学校」を開催する。
講師と生徒という関係を超えて、真剣にこの植物を学びたい方を募集したい。
 今、最も必要なのことは、大麻草に対する正しい知識と、世の中を明るくするための「楽しい知識」と「具体的な行動」なのだ!!
 
 
【第1回】 4月29日 (金)17時~19時  <麻の実ビュッフェ有
大麻草入門~麻ってこんなすごい植物  ※終了後はアチャコライブで交流会
赤星栄志(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事)
    
大麻草は、EUやカナダ、アジア諸国で次世代の環境作物として注目されています。
この植物の多様性と可能性について具体的な事例を通じて全体像を明らかにします。
主著:「ヘンプ読本-麻でエコ生活のススメ」築地書館2006
「体にやさしい麻の実料理」(共著)創森社2004
「ヘンプオイルのある暮らし」(共著)新泉社2005
 
 
【第2回】 5月29日(日)17時~19時 
講座は中止、無料の交流会に変更になりました。
間近の講座中止となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
返金方法など、お問い合わせは、大阪おおあさ自由学校事務局までお願いいたします。

tel : 070-5045-1237(担当:わき)

大麻問題を科学的・論理的に考える
武田邦彦(中部大学教授、前名古屋大学教授、専門は資源材料工学)
 
なぜ大麻というだけで思考停止状態になって批判の大合唱になるのか?
日本人が日本人であるために、温暖化問題やマスコミの現場の話を踏まえて様々な側面から大麻問題を考えます。
主著:「大麻ヒステリー 思考停止になる日本人」光文社新書2009
「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」シリーズ(羊泉社)
「偽善エコロジー」幻冬舎2008など著書多数
 
 
【第3回】 6月25日(土)・26日(日)
麻を郷土教育に生かす+栃木の麻畑見学ツアー <現場へ行く!>
小森芳次(栃木県立農業高校教諭)
 
全国で唯一残された「野州麻」の産地で、里山の振興活動、麻作りの伝統技を受け継ぎ、次世代に継承する援農活動に頑張る「農業高校生」の村おこしプロジェクトを紹介します。
参考文献:「野州麻-道具がかたる麻づくり」栃木県立博物館2008
大麻草検証委員会編「大麻草解体新書」明窓出版2011
 
 
【第4回】 7月22日(金)19時~21時
ヘンプオイルの魅力とヘンプオイルセラピー
マイルス・ワキ・クミコ(ヘンプオイルセラピー Motanica)
 
ヘンプオイルには健康と美容に欠かせない栄養が豊富にバランスよく含まれています。 
日常の中で使うための様々な活用方法と効果についてヘンプオイルの魅力とともにご紹介します。
参考文献:塩田恵「ヘンプ・ビューティをはじめよう」BABジャパン出版2009 
 
 
【第5回】   8月28日(日) 17時~19時 <麻の実ビュッフェ有
2012年の銀河パーティ ―大麻の本質と地球維新に向けて―
中山康直(縄文エネルギー研究所所長)
 
2011年は麻開きの年です。
大麻草検証委員会の活動、中国の長寿村巴馬(バーマ)ツアー、ヘンプカープロジェクト北海道などの時空と次元を超えた地球維新な動きについて語ります。
主著:「麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実」評言社2001
中丸薫・中山康直「うれしうれしで越えよう2012年の銀河パーティ」徳間書店2009 
 
 
【第6回】 9月22日(木) 19時~21時 
麻の実料理を食べよう―麻の実で生七味唐辛子づくり―
藤丸志保、赤澤福彦、見島英之(カフェスロー大阪のスタッフ)

麻の実と身近な材料で、簡単にできる万能スパイスをつくりましょう!
麻の実入り生唐辛子をつかった麻の実料理も紹介します。(試食アリ)
参考文献:吉岡淳「スローなカフェのつくりかた」自然食通信社2009
 
 
【第7回】 10月12日(水)19時~21時 
我が大麻人生を語る―マリファナ青春旅行・大麻堂・レストラン麻・医療大麻裁判―
前田耕一(大麻堂オーナー、NPO法人医療大麻を考える会代表)
   
大麻はすごい植物と言われるが、それを現実的な商品にして経済活動につなげていかなければ全く意味がないのではないか。
大麻堂開店から17年の歩みを中心にざっくばらんに語ります。
主著:「マリファナ青春旅行(上)(下)」幻冬舎アウトロー文庫1997
参考文献:「お手軽かんたん健康美人の「麻の実」ごはん」ぶんか社 2009
 
 
【第8回】 11月13日(日)
日本の大麻布を触ろう―奈良晒の麻績み体験ツアー <現場へ行く!>
岡沼智子(奈良晒産地・奈良市月ヶ瀬在住)
 
「麻績みにはじまり、麻績みにおわる」麻績み(麻糸づくり)体験を通じて、この格言 を体感し、奈良県指定無形文化財の麻織物について多くの人に知ってもらいたい。
 
 
【第9回】 12月23日(金)17時~19時 <麻の実ビュッフェ有、第1回講師も参加>  
大麻問題と社会運動―社会学の視点から
山本奈生(佛教大学総合研究所、カンナビスト関西代表)
    
大麻取締法は何を取り締まっているのか?それに対して私たちはどのように考えればよ いのか?
犯罪社会学の切り口から考察し、問題解決の方法について一緒に考えていきたい。
参考文献:ミシェル・フーコー著「監獄の誕生-監視と処罰-」新潮社1977
三木直子訳「なぜマリファナは非合法なのか」築地書館2011
 
 
 
受講案内 2011年度受講生募集中!!
           
<入学資格>  
日本語で日常会話できる方
中高生半額、小学生以下無料。保護者同意または同伴で可
 
<受講料>   
3回分受講チケット7500円をその都度購入 当日参加は1回4000円
 注)3回分チケットで友だちを誘って3人分として使ってもよい
   講座に参加できなくても飲食実費で交流会参加はできます(但し、要予約)
  “現場に行く!”の交通費等の実費は、各自ご負担となります
 
<受講定員>  
50名(事前に3回分のチケットを購入された方の先着順)
最小開催人数の10名に満たない場合は開校されませんのであらかじめご了承下さい
 
<開催教室>  
カフェスロー大阪 地図はこちら→ http://goo.gl/maps/U543
阪急十三駅西口改札の南側フレンドリー商店街を通り、渚歯科を右折、
たこ焼き屋さん隣。徒歩7分(TEL/FAX:06-7503-7392)
 
<受講方法>
受講希望の方は、HPやメール等で受講申込書を取り寄せ、必要事項を書いて、申込先にメール等で送付し、受講チケット3回分(7500円)または9回分(22500円)をお支払い下さい。
9回一括払いの方はDVD特典付き♪  振込手数料は自己負担でお願いします
 
【ゆうちょ銀行からの振込】
ゆうちょ銀行 記号14110 番号17684471 オオサカオオアサジユウガッコウ
【他金融機関からの振込】
ゆうちょ銀行 店名:四一八(ヨンイチハチ)(普通)1768447 オオサカオオアサジユウガッコウ
 
<受講申込先> 
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17 カフェスロー大阪内 
大阪おおあさ自由学校事務局 
TEL 070-5045-1237 担当:わき
 
 
主催:大阪おおあさ自由学校
協力:カフェスロー大阪、NPO法人アジア太平洋資料センター、沖縄ヘンプスクール、カンナビスト関西 
PR
~ 祖父母・父母・兄弟姉妹の家族で学びたい! ~

●大阪・大麻(おおあさ)自由学校 2010


大阪・大麻自由学校のねらい

大麻草、大麻、麻、ヘンプ、カンナビス、マリファナ・・・いろいろな呼び名があるこの不思議な植物について、私たちは何を知っているのだろうか?
大麻=悪という情報だけなのだろうか?
祖父母は、縄や下駄でお世話になり、父母は化学繊維で知らず、子どもたちは、ヘンプアクセサリーに親しむ。
世代を超えて、人と自然、過去と未来、この世とあの世をつなぐ最先端な情報をこの教室で学んでみよう。
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)が主催する「麻ではじめる自然生活」連続10回講座のようなものを大阪でも開催してほしいという多くの声を受けて、この植物に関わる各分野のスペシャリストの貴重な話を聞く「大阪・大麻自由学校」を開催する。
講師と生徒という関係を超えて、真剣にこの植物を学びたい方を募集したい。
今、必要なのは、大麻に対する正しい知識と、世の中を明るくするための「楽しい知識」と「具体的な行動」なのだ!!
 
Untitled-1.jpg

<学びのキーワード>
石油から植物へ、循環型社会、オルターナティブ、バイオリージョナル、食育、フェアトレード、有機農業、LOVE&PEACE、セルフビルド、環境共生住宅、伝統工芸、民俗と風習、メディア・リテラシー、薬物乱用・依存・中毒、植物療法、創薬研究、占領政策、不作為の作為、古神道、スピリチャリティ、音楽、GDP からGHN、スローライフ、地域活性化、自然エネルギー、郷土教育、アジアの中の日本、日本再生、明治維新から地球維新へ


2010年度受講生を募集中!
 
第1回 5月20日(木) 19時~21時
オリエンテーション~大麻草入門~
赤星栄志(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事)

第2回 6月3日(木) 19時~21時
麻の実料理を食べよう~カフェスロー大阪のすろ~な挑戦~
藤丸志保、赤澤福彦、見島英之(カフェスロー大阪のスタッフ)

第3回 6月19日(土) 15時~17時
アロマ&ヒーリングなどの植物療法としてのヘンプの魅力
須賀佳乃((有)ほりすてぃっく代表取締役社長)

第4回 7月3日(土)
麻を郷土教育に生かす+栃木の麻畑見学ツアー
小森芳次(栃木県立農業高校教諭)
場所:栃木県栃木市・鹿沼市 <現地集合・現地解散。交通費実費負担>

第5回 7月22日(木) 19時~21時
大麻問題と社会運動 ――社会学の視点から
山本奈生(佛教大学総合研究所・非常勤講師)

第6回 8月29日(日) 15時~17時
ヘンプで宮古島エコアイランド構想
伊香賀正直(宮古島HEMP促進プロジェクト・Salon de HEMP)

第7回 9月を予定
麻を全国に普及した阿波忌部氏の聖地ツアー
場所:徳島県吉野川市<現地集合・現地解散。交通費実費負担>

第8回10月7日(木) 19~21時
世界遺産から鵜飼いまで、岐阜に大麻草あり
田口龍治(岐阜県産業用麻協会)

第9回 10月17日(日)
日本の大麻布を触ろう~奈良晒の麻績み体験ツアー
岡沼智子(奈良晒 織り子)
場所:奈良市月ヶ瀬 <現地集合・現地解散。交通費実費負担>

第10回 11月7日(日) 15時~17時
快適な麻の家に住もう~ヘンプハウス計画~
竹田広雄(一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、
二級建築士)

第11回 11月25日(木) 19時~21時
2012年の銀河パーティ~大麻の本質と地球維新に向けて~
中山康直(縄文エネルギー研究所所長)

第12回 12月23日(木) 15時~17時
まとめ~カンナビノイド創薬~医療用大麻の可能性~
赤星栄志(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事)


受講したい方へ

<開催教室>
「カフェスロー大阪」
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17

阪急十三駅西口改札の南側フレンドリー商店街を通り、渚歯科を右折、たこ焼き屋さん隣 (徒歩約7 分)

<入学資格>
日本語で日常会話できる方
中高生半額、小学生以下無料 (保護者同意または同伴で可)

<受講料>
・3 回分受講チケット7500 円をその都度購入
・当日参加は1回3000円
・12 回一括3 万円のお支払いの場合は、3000 円相当の特典DVD 付き

<受講定員>
50 名 (事前に3 回分のチケットを購入された方の先着順)
※最小開催人数の10 名に満たない場合は、開校されませんのであらかじめご了承下さい

<申込先>
〒597-0083 大阪府貝塚市海塚21
バルジオリオンアーム株式会社内 大阪・大麻自由学校 事務局
tel. 072-424-1330 fax. 072-431-8755
<申込方法>
受講希望の方は、名前、〒、住所、電話、メール、職業、簡単な志望動機を書いて下記に申込し、受講チケット3 回分をお支払い下さい
12 回分の一括払い3 万円も可

大阪信用金庫
貝塚支店
(普通)0762287
バルジオリオンアーム(カ)
※振込時には、“2010 受講者氏名”で振込名の入力をお願いします

【主催】
大阪・大麻自由学校
【協力】
カフェスロー大阪、NPO 法人アジア太平洋資料センター(PARC 自由学校)
沖縄・大麻の学校2010、さっぽろ自由学校「遊」、日本伝統みらい材料講
●大阪・大麻(おおあさ)自由学校 2009

【大阪・大麻自由学校のねらい】

大麻草、大麻、麻、ヘンプ、カンナビス、マリファナ・・・
いろいろな呼び名があるこの不思議な植物について、私たちは何を知っているのだろうか?
マスメディアでは大麻=
悪という一方的情報だが、この植物が世界中で人類有史以来、大活躍している領域はあまりにも広く、人と人、人と自然、過去と未来、地球と宇宙、この世とあの世をつなぐ最先端な存在だ。
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)が主催する「
麻ではじめる自然生活」連続9回講座のようなものを大阪でも開催してほしいという多くの声を受けて、この植物に関わる各分野の専門家の方の貴重な話を聞く「大阪・大麻自由学校」を開催する。
講師と生徒という関係を超えて、
真剣にこの植物について一緒に学びたい方を募集したい。
今、必要なのは、大麻に対する正しい知識ではなく、
世の中を変えるための「楽しい知識」と「具体的な行動」なのだ!

第1回 5月10日(日)15時~17時 オリエンテーション~大麻草入門~
赤星栄志(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事)

第2回 5月30日(土)15時~17時
麻の実料理を食べよう~カフェスロー大阪のすろ~な挑戦~
見島英之(カフェスロー大阪・オーナー)
赤澤福彦(カフェスロー大阪・食育アドバイザー・調理師)

第3回 6月21日(日)15時~17時 麻の家を建てよう~自然素材のリフォーム~
竹田広雄(一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、
二級建築士)

第4回 7月4日(土)麻畑を見よう~栃木県・野州麻紙工房へ~(※)
大森芳紀(麻農家8代目野州麻紙工房)
場所:栃木県鹿沼市 <現地集合・現地解散。交通費実費負担>

第5回 7月26日(日)日本の大麻布を触ろう~奈良晒の麻績み体験~
岡沼智子(奈良晒 織り子)
場所:奈良市月ヶ瀬 <現地集合・現地解散。交通費実費負担>

※第4回と第9回は、東京・PARC自由学校と合同企画

第6回 9月5日(土)15時~17時 世界遺産から鵜飼いまで、岐阜に大麻草あり
田口龍治(岐阜県産業用麻協会 事務局長)

第7回 9月27日(日)15時~17時
日本の大麻規制とメディアの問題~大麻汚染は誰がつくるのか~
山本奈生(佛教大学総合研究所・非常勤講師)

第8回 10月3日(土)伝統みらい素材セミナーin 京都工芸繊維大学
カンナビノドの鎮痛作用利用に向けて~医療大麻研究最前線~
天谷文昌(京都府立大学医科研究科・医学博士)(予定)など

第9回 10月24日・25日(予定) 信州麻サミットに行こう~長野県美麻~(※)
麻はぎ・麻ひきを体験する<現地集合・現地解散。
交通費実費負担>

第10回 11月15日(日)15時~17時 まとめ~大麻の本質と地球維新に向けて~
中山康直(縄文エネルギー研究所所長)

<入学資格>
高校生以上の老若男女、日本語で日常会話できる方

<受講料>
2009年度 入学金10000円  受講料20000円
高校生・専門学校生・大学生・大学院生の方のみ入学金無料
1回だけ&数回の聴講生は、入学金+1回:6000円

<受講定員>
50名(締切は受講料入金順の先着50名まで)
但し、
10名に満たない場合は開校されませんのであらかじめご了承下さい。

<開催教室> カフェスロー大阪
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17スペースYMO
TEL/FAX:06-7503-7392
http://slowspace.blog.shinobi.jp/

主催:大阪・大麻自由学校事務局

住所:大阪府貝塚市海塚21
Tel : 072-415-0019 / 080-3826-1917
Fax : 072-415-2200
mail : 
hemp-school@hotmail.co.jp

Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]