忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※スローなお話会

2008年のスローなお話し会、第2回目は「お金もうけじゃない経済=スローな経済」について話をします。
前回は、スローライフとは生き物の時間を尊重することだという話と、持続可能な社会を実現するためには、「どういう社会にしたいか」ということは、僕たちが選べることだという話をしました。

それでも、ふと現実を見れば持続可能な社会が実現するとはとても思えません。
一歩店に入れば、多くの商品が僕たちに買われるのを今か今かと待ち構えています。
季節を問わず安定供給される野菜たちをはじめとする大量の食料品がお店にあふれています。
地球が百万年のときをかけて作り出した石油も、ものすごい勢いで利用されています。

そして、この仕組みを支えているのが経済学だと思われています。

このままじゃダメじゃない?
何か解決策はないのかな?

でも、経済学というのは「人を幸せにするための学問」なのです。
お金のことではなく、幸せのことを考える経済学について、「スローな経済」をキーワードにお話をします。

=== ===

講 師 : 坂田裕輔(近畿大学準教授、環境経済学)
日 時 : 2008年1月29日(火) 19時半~21時 
       (終了後、30分程度交流会をやっています)
場 所 : カフェスローOSAKA(阪急十三駅西口より徒歩8分
料 金 : 1ドリンク付き1500円 (学生1200円)
予 約 : 不要
ご 飯 : 要予約 cafeslow.osaka@gmail.com

=== ===

<坂田裕輔プロフィール>
環境問題の研究者で、専門はごみ問題の経済評価。
近畿大学経済学部の准教授として環境経済学を担当する。

それ以外に取り組んでいる分野として、気候変動問題(地球温暖化)、まちづくり、地域や商店街活性化、エコツーリズムがある。
現在は離島の環境問題や、離島の経済評価、スローライフの経済評価、スロービジネスの意義に関心がある。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]