忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CafeSlowOsakaくらやみカフェ第1弾♪
キャンドルの灯りのもと、暗闇を楽しみませんか?


『星降る夜に~ヴァイオリン&ピアノコンサート~』

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<日程>
12月15日 (土)

<時間>
19:00 ~ カフェオープン
19:30 ~ 受付
20:00 ~ 開演
21:00 ← 終演
22:00 ← カフェ閉店

*キャンドルの点灯時間は19:30~21:30予定です。

<料金>
1500円(1ドリンク付) 

<予約>(定員30名まで)
cafeslow.osaka@gmail.com
(お名前、人数を上記アドレスまでメールして下さい。)

<服装>
自由

<持ち物>
キャンドル(必須ではないですが、火を灯します)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヴァイオリニスト:梅垣恭子(うめがききょうこ)
♪♪♪
相愛大学音楽学部卒業。
現在、シンフォニア・コレギウム大阪のメンバー。
長谷川真規、島暢子、鷲山かおり、後藤維都江、森田玲子の各氏に師事。

ピアニス:ト津舟里英子(つぶねりえこ)
♪♪♪
相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
長崎熙子、井上まゆみ両氏に師事。
ミヒャエル・ケラー、カジミエジュ・ギェルジョード、アレキサンダー・イエンナー各氏のレッスンを受講。
第14回京都芸術祭デビューコンサート、相愛大学同窓会「沙羅の木会」主催によるコンサート等に出演。
現在、ソロ、アンサンブル、合唱団の伴奏、ピアノ講師等、多方面で活動中
京都音楽家クラブ会員。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スタッフより:

クラッシックと聞くとちょっと敷居が高いと感じたり、正装なんかな?と思ったり、なんだか取っ付きにくい部分がありました。
それが、Cafe Slow Osakaでヴァイオリンを聴いてからイメージが変わったんですよね。
「たまには、いいやん。」って。
そこで、親しみやすいクラシックを不定期で開催していきたいなと思いました。

今回は、クラシックにキャンドルと流星をトッピング。
星や空にちなんだ曲を演奏して頂きます。

当日、ふたご座流星群がみれるかも?!な夜ですので、
演奏を聴いた後は夜空を見上げてくださいね。

<ふたご座の位置>
日の入りとともに東の空、地平線上あたりにふたご座が現れます。
真夜中はほぼ真上、天頂に位置します。
夜明け頃、西の地平線へと傾いていきます。

ってことで、「晴れ」ることを強く願っているスタッフであります。
もし、雨が降っていた場合も開催しますから商店街を通って濡れずお店へGO!

mixiコミュニティ
http://c.mixi.jp/cafeslowosaka

--- ---当日の風景&感想--- ---
 『星降る夜に~ヴァイオリン&ピアノ コンサート~』
 2007.12.15(土) 午後8時 開演
PC150365.jpgPC150368.jpg







PC150369.jpg







  「見上げてごらん 夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを歌ってる・・・」 コンサートの終わり、ろうそくのあたたかな光に包まれたスペースYMOに、歌声が静かに響きました。
その歌声は、初めは弱々しかったけれど、少しずつしっかりと聞こえてきました。
くらやみカフェの、はじめの第一歩です。
 みんなで声を合わせて歌う、そんなことが出来たらどんなに素敵だろう!
そう考えるようになったのは、今年6月23日、ここYMOで行われた「 1000000人のキャンドルナイト」に参加させて頂いたことがきっかけでした。
スペシャル・ゲストの辻 信一さんとダグラス・ラミスさんのお話に聞き入りました。
中でも「日本人はあまり歌わなくなった」という言葉が、心に残っています。
 昔、「うた」はいつでも人びとのそばにありました。
恋をしたとき、その想いを風景や花に託した「和歌」として。
重労働にもへこたれない、みんなで掛け声を合わせるうたとして。
日本を代表する詩人や作曲家たちが子どもたちのためにつくった、かわいらしい童謡、などなど。
 本当は、誰もが心の中に素敵な「うた」を持っている。
でも人前で歌うのは恥ずかしいとか、遠慮とか・・・ 不思議なことに、ろうそくの明かりの中では、そんな小さな見栄はどうでもよくなります。
何の遠慮もいりません。
このコンサートで初めて出会ったひと同士、少しずつ打ち解けていくのを感じました。歌声って、とってもあたたかいですね。
 くらやみカフェの主役は何と言っても「ろうそく」。ろうそくに灯る火の、表情の豊かさにはただただ驚かされます。

今回、「くらやみ演出家」として大活躍してくださったのは、ふくすけさん、34さん、くかさん、ぎーのさん、ぶりりんさん、そして夢源風人の皆さま。
会場全体をろうそくのあたたかい光で満たしてくださいました。
本当に、ありがとうございました。 

演奏は、歌 ご来場の皆さま、ピアノ 津舟 里英子、ヴァイオリン 梅垣 恭子でした。 
次回は、どんなうたを歌いましょうか? 

梅垣 恭子
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]