忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NPO法人「日本ウミガメ協議会」大阪事務局のある枚方市へ活動のお話を聞きに行ってきました。
日本ウミガメ協議会:
http://www.umigame.org/

ここCafe Slow Osakaでは、NGO「ナマケモノ倶楽部」の活動応援をしています。
ナマケモノ倶楽部⇒森ってことで、海の活動もやりたいなと思ったのです。
そんな時、日本ウミガメ協議会が大阪の枚方で活動されていると知り、これは行っとかねば!
と、見学ツアーに出動♪

ウミガメは地球に7種類生息していること、日本に産卵するウミガメは3種類いること、日本ウミガメ協議会で主にアカウミガメの調査・研究・保護を行っていることを説明していただきました。

アカウミガメは日本沿岸で繁殖し、メキシコ沖で成長し、また日本に戻ってくるという移動生活をしているそうで、近年日本の砂浜が減少し、産卵のために砂浜に上陸する数が激減しているそうです。
長年土の中で生活し、孵化しようと出てくるつもりが、アスファルトで出れない状態のセミが浮かびました・・・

また、ウミガメの放流会で放流された子ガメの致死率がものすごく高いことも聞きました。
親切心から海に向かわせようと手で軌道修正するために方向感覚がズレたり、放流会の日程に合わすために栄養袋の栄養を海に出る前に消費してしまっていたり、、という内容でした。
環境教育という面から、ウミガメの放流はすごい勉強になるけれど、ウミガメ保護の観点から見ると矛盾していることが多いとおっしゃっていました。

今後はCafe Slow Osakaでも、わかりにくいことをわかりやすく伝え、きっかけ作りを行っていければと考えています。
年内に日本ウミガメ協議会さんとCafe Slow Osakaのタイアップ企画をやれたらいいと思っているので、お楽しみに!

小笠原泳いでいたとき、手の届きそうな距離までウミガメが近寄ってきたことがありました。
ドルフィンスイムが好きなんですけれど、海ガメのゆったりした泳ぎも楽しかったです。
次はオーストラリア行きたいなぁ。

※ふくすけ、34
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]