忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『わくわく哲学カフェ』~「café philo」~ 
 

哲学カフェは1990年代パリの「カフェ・デ・ファール」で哲学者マルク・ソーテが始めたものです。誰でも出入り自由なところで、誰もが地位や職業にかかわりなく異なる意見に耳を傾けながらありとあらゆるテーマについて対話を通じて探求していきます。

哲学というと、大学の研究室で怖い顔をしながら、難しい本を読んだり書いたりしている孤独な哲学者の姿をイメージするかもしれません。しかし、哲学の本来の姿はいろんな人との対話を通じて探求するところにあります。哲学カフェはもとの場所に哲学をもどす試みでもあると言われています。

職業や地位を忘れて、自分の無知を認ながら、大学のゼミやテレビの討論番組とは無縁のテーマについて楽しめます。知識や地位での「理論武装」は必要ありません。「わたしだからこそ出来る話」という対話だけで、進める探求の場が哲学カフェです。

 

とりあげるテーマは

     <社会>とはどこか?

     <常識>はあるのか?

     人間は何に進化するのか?

     現代人はどこからか?               などなど
 

 さまざまなテーマにとりくみ、テーマによって色んな取り組みをしていく予定です。(女子限定、男子限定、年齢別、子どものための哲学など…)

~~~~~

日時   6月14日(木)
       PM7:00 OPEN
       7:30 START~9:00

場所   CAFE SLOW OSAKA

テーマ  「生きやすい生き方は???」

参加費  一般1500円(1ドリンク付)

●要予約    (6人以上で開催します。12人まで。)

お問い合わせ先

〒532-0028

大阪市淀川区十三元今里2-5-17 スペースYMO

哲学カフェ「café philo」(Café Slow Osaka内)

mail:chieko78@mail.goo.ne.jp

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]