忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●Ecoトークカフェ

~国際有機農業映画祭2008上映作品~
『フランドン農学校の尾崎さん』上映会&トーク
7560b6d1.jpg
『生きることは、食べること』
今から30年ほど前に「脱サラではなく卒サラ」し、大阪府豊能郡能勢町で、有機農業を実践している尾崎零さん。

生きることは食べること。
その忘れられがちないのちの基本にたちかえり、消費者が安心して食べることができる野菜をつくりつづけています。

自宅はセルフビド、宮沢賢治の<フランドン農学校の豚>をモチーフにしたミュージカルを演出・自ら出演、講演や執筆活動と、精力的に活動している尾崎さんが運営する、産消循環自給農場「べじたぶる・はーつ」には現在もたくさんの研修生が訪れ、有機農業を学んでいます。

そんな尾崎さんの、日々の暮らしぶりを追ったこの映画からは有機農業を通した自然との調和、循環、いのちを大切にする生き方などを感じることができるのではないでしょうか。

上映会のあとには、尾崎さんのお話もお聞きします。
「ストレスはゼロ!」と力強く言い切る尾崎さんのお話を聞くと、元気をもらえるかも?
ぜひ遊びにきてください。

日時:5月30日(土)18時開場 18時半~21時(22時まで交流会)
定員:40名
参加費:予約2000円、当日2200円(1ドリンク付)
お申し込み・お問い合わせ:mapace55@yahoo.co.jp

☆食事には、尾崎さんの畑の有機野菜を使った、ワンプレートをご用意しています<別料金>
(動物性タンパク質を使わないベジタリアン(ビーガン)フードです。)
できるだけロスをなくすために、ご注文は1週間前までにお願いいたします。

☆交流会のドリンク・フードは、別料金になります。ご希望の方はご注文を承ります。

<トーク>
【尾崎 零】
産消循環自給農場<べじたぶるはーつ> 代表
全国有機農業団体協議会 副代表
日本有機農業研究会 理事
大阪YMCAインターナショナルハイスクール 客員講師

しゃらんどらーは:http://www.raaha.jp/
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]