忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※映画で学ぼう
 
バングラデシュ・チッタゴン丘陵地帯で起きていること
         
『コルノフリの涙』上映とお話

■内容
~コルノフリ河にダムが建設され、焼き畑農業を営んできた先住民族の生活はどうなったのか?
入植したベンガル人の生活は?バングラデシュ政府との間に締結された和平協定のその後は?~
約1時間の、貴重な美しい映画を鑑賞し、皆で話し合いませんか?
バングラデシュや先住民族に関心のある方、どなたでも、どうぞご参加ください。

Cafe Slow Osakaのオーガニックコーヒーもオーダー可

■日程 
4月4日(土)

■時間
14時~16時 (13時半開場)

■料金(チャージ)
700円

■予約の有無
人数把握のためAVCまでTEL、FAX、またはE-MAILでお申込みください。

■連絡先(予約受付先)
特定非営利活動法人 アジアボランティアセンター(AVC)
TEL:06-6376-3545
FAX:06-6376-3548
E-MAIL:avc@avc.or.jp

バングラデシュ国内ではタブーとされてきたチッタゴン丘陵問題、そこで何が起きているのか?
この映画は、気鋭のベンガル人監督が、先住民族ジュマの人々と入植者の声をありのままに伝える、画期的なドキュメンタリー作品。
バングラデシュ国内では上映禁止となった。

■主催者名
AVC
バングラデシュボランティアグループ『ボンドゥット』
 
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]