忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ecoトークカフェ

エコ・トーク:半農半X研究所 代表 塩見直紀さん

無理せず、好きなことをして生きていく。

「半農半Xという生き方」とは?
 
京都府綾部市を拠点に「半農半X」というライフスタイルを提唱し、実践している塩見さん。
20世紀が残した難問群を解決するには、永続して生きていくための「小さな農」、「天性」を世に活かし、社会的な問題を解決するための「X」。この2つのことが同時に必要ではないかという。
みんな自分だけの「X」を持っている。大好きなことで社会変革する生き方が最先端という、その自由な生き方の極意とは。
 
日時:10月16日(金) 19時~21時(18時30分開場)

※エコ・トークカフェ終了後、交流会あり
 
料金:当日2,000円 / 予約1,800円 (共に1ドリンク付き)

※食事もご用意できます。 (数に限りがありますので1週間前までにご予約くださいませ。)
 
定員:40名 (ご予約の方優先になります。)
 
お申し込み&お問い合わせ:shigashi9@gmail.com

※交流会のドリンク・フードは、別料金になります。ご希望の方はご注文を承ります。
 

<プロフィール>
 f77f666d.JPG
塩見 直紀
 
半農半X研究所 代表
1965年、京都府綾部市生まれ。現在、同市在住。
カタログ通販会社「フェリシモ」を経て、2000年、「半農半X研究所」を設立。屋久島在住の作家・翻訳家・星川淳さんのライフスタイル「半農半著」にインスパイアされ、1995年ころから21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X」というコンセプトを提唱。
市町村から個人までの「エックス(=天職)」を応援する「ミッションサポート」と「コンセプトメイク」がライフワーク。
2007年より、「半農半Xデザインスクール」を、08年より、「半農半Xカレッジ東京」をはじめる。
生命多様、使命多様性あふれる世界をめざす。今後の10年は半農半Xに特化した綾部発の小さな出版社「半農半Xパブリッシング」の仕事にはげみたいと思っている。

1999年1月、33歳を機に綾部へUターン。
同年閉校となった母校(旧豊里西小学校=綾部市里山交流研修センター)の跡地を活用した里山ねっと・あやべのスタッフとして、2000年から活動。
綾部の可能性や21世紀の生き方、暮らし方としての「里山的生活」を市内外に向けて発信。過去、田舎暮らしツアー、農家民泊、綾部里山交流大学などを企画してきた。
 
著書に『半農半Xという生き方』(ソニー・マガジンズ新書)、『綾部発 半農半Xな人生の歩き方88~自分探しの時代を生きるためのメッセージ~』(遊タイム出版)、『半農半Xの種を播く』(コモンズ/共編著)など。
『半農半Xという生き方』は中国語訳され、台湾で発売され、現在6刷となっている。(『半農半X的生活~順從自然,實踐天賦~』(天下遠見出版社)

【主催】スロービジネススクール関西、カフェスロー大阪
【協力】ココスタイル・ラボ

--- --- --- --- --- ---
☆開催後、塩見さんがエコ・トークカフェのブログを書いてらっしゃるので、ご覧下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/diary/200910160000/
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]