忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やさいカフェ
 
野菜ムービーnight!!

フランドン農学校の尾崎さん』編

■内容
みなさん 新年度の生活は 落ち着きましたか?
 
美味しいオーガニック料理を食べて 映画を観て 話す 話を聴く。
土日 ではなく あえて 平日の夜 なとこが このイベントのコンセプト。平日リア充♪
 
お食事の材料は 映画の主人公 「べじたぶるはーつ の尾崎零さん」のもとで農業研修をして独立した「べじたぶるぱーく の植田さん」が作ったお野菜です。
 
映画を観た後は 植田さんを囲って お話会。 まったりカフェラテでも 飲みながら。
カフェで過ごす 平日の夜 暮らしに 野菜(ベジ)を とりいれませんか??
 
【映画のあらすじ】
この映画の主人公、尾崎零さんは「ボクは脱サラじゃなくて卒サラ」と言っている。
サラリーマンを辞めて尾崎さんが大阪の北、豊能郡能勢町で有機農法による野菜作りをして、早30年。
生命の基本に立ち返った自給運動として、尾崎さんは産消循環自給農場「べじたぶる・はーつ」を発足した。
支援してくれている人たちの食糧、食べ物として、尾崎さんは有機野菜を育てている。
尾崎さんの有機野菜作りは、徹底した多品目少量生産。彼は年間約70品目もの野菜を作っている。
生き続けることは、食べ続けることと同義語。人という生き物が、自然界の中で生きていく最も基本になる暮らしが有機農業の生活だとし、「命・循環・調和とバランス」をモットーに、環境・人権・社会など、尾崎さんは色んな問題について考える。
書くこと、講演すること、一つ一つが百姓のうちのひとつ。
人間の有機的なつながりや生命の大切さが見えてくる社会を目指して、今日も有機野菜作りに取り組む尾崎さん。
映画の中で尾崎さんは言う。
「農業はわかりやすい。そのほとんどが1年サイクルで動いている。いわば1年でリセットされるのです。台風が多い年には被害が甚大に。天候に恵まれ手をしっかりとかけてやれば実り多い年ということになるのです。季節の移ろいとともに、それが実感できるのが百姓です。」
 
■日程
2011年5月25日(水)
■時間
18:30 開場(受付開始&まったりタイム)
19:00 上映開始
20:15 上映終了
~交流タイム~
21:00 終了
※上映前~上映中でご飯を食べます。
■料金
予約:2200円(上映会・オーガニックプレート・有機ほうじ茶の料金が含まれます。)
当日:2500円(上映会・オーガニックプレート・有機ほうじ茶の料金が含まれます。)
■定員
20名(予約優先、定員で締めきらせていただきます。)
 
■連絡先(お問い合わせ・予約受付先)

※下記の内容をメールください。
〇件名  「5/25やさいカフェ予約」
〇お名前
〇人数
〇好きな映画のジャンル
 
カフェスロー大阪のオーガニックプレートを食べながら映画を観ます。
交流会には尾崎さんの弟子である「べじたぶるぱーく」のうえだあゆむさんが参加してくれます。
 
映画を鑑賞するだけでなく、気になったことや、映像だけでは伝わりきらないコトはどんどんお話して、いろんなコトを感じる場にしたいと作った企画です。
どうぞお気軽にご参加ください。
 
<作品紹介>
2006年/DV/73分/ビスタサイズ
監督・編集:高橋一郎
撮影:原ひろし
ナレーター:西山広士
プロデューサー:鵜久森 典妙
録音:大貴スタジオ
撮影協力:大阪府有機農業研究会・大阪YMCインターナショナルハイスクール
製作:映画製作委員会
 
生命の見える社会へ このゆうきどうぞ
この映画の主人公、尾崎零さんは「ボクは脱サラじゃなくて卒サラ」と言っている。
大阪の北、豊能郡能勢町で有機農法による野菜作りをして30年。
生命の基本に立ち返った自給運動として、産消循環自給農場「べじたぶる・はーつ」を発足。
支援してくれてる人たちの食糧、食べ物として有機野菜を育てています。
尾崎さんの有機野菜作りは徹底した多品目少量生産です。
年間約70品目もの野菜を作っています。
 
生き続けることは、食べ続けること。
人という生き物が、自然界の中で生きていく最も基本になる暮らしが有機農業の生活だと考え、「命・循環・調和とバランス」をモットーに、環境・人権・社会等、いろんな問題について考える。
書くこと講演すること一つ一つが百姓のうちのひとつ。
人間の有機的なつながり生命の大切さが見えてくる社会をめざして、今日も有機野菜作りに取り組んでいます。
そんな尾崎さんの姿を1年間追い続けて、そこから見えてくる“生命のたいせつさ”をやさしく見つめた、さわやかなドキュメンタリー映画です。
 
<農家プロフィール>
o0800053210256244118.jpg
☆うえだあゆむ
1983年生まれ。
大学中退後、インスタント食品ばかり食べているフリーターであったが様々な職を転々とするうちに食に興味を持ち、野菜作りをしたいと思う。
2008年より尾崎 零氏の研修生となり、この春より独立して『べじたぶるぱーく』を主宰。
新しい農業の形を模索中である。
べじたぶるぱーく:http://www.vegetablepark.com/

<調理担当>
DSC02395.JPG
☆キッチンスタッフ/しぽたぽ
 
2004年~1年間完全無農薬・無化学肥料草生栽培の農業生産法人「くりもと地球村」で研修生として有機農業を学ぶ。
2005年~3年間、京都のベジタリアンレストラン「PEACE」厨房勤務。調理師免許取得。
2008年~カフェスロー大阪でキッチン担当。
 
【主催】ココスタイル・ラボ
【協力】べじたぶるぱーく
PR
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]