忍者ブログ
ジュース工場跡を改装して生まれた“オーガニックカフェ&レンタルスペース” since 2007
ホームに戻る
8616afb5.jpg
スタッフblogと畑部日誌
店舗情報
[お店について]
フード→魚・肉・卵・乳製品不使用です。
ドリンク→豆乳・牛乳選択可能です。
店内禁煙です♪

[カフェ営業時間]
12:00~20:00
[カフェ営業日]
火~金

[スペース利用可能時間]
10:00~21:00
[スペース営業日]
火~日

[住所]
〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17
tel:06-7503-7392
fax:050-3488-5196

[アクセス]
(駅から徒歩約8分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る。「ジェイ・モール(十三本町商店街)」を通り抜け「もといまロード(十三元今里商店街)」へ。「もといまロード」内にあるスーパー「ピュア13」を通過。右手にある「渚歯科」を右折、たこ焼き屋さんの隣。

[お問い合わせ]
info@cafeslow-osaka.com
メルマガ登録(月1回~2回配信)
Google グループ
カフェスロー大阪NEWSに参加
メール:
このグループにアクセス
ケータリングサービス
137c11d4.jpg
カフェスロー大阪のケータリングサービス部門
Twitter
ナマケモノ倶楽部
sloth.jpg
Slowムーブメント
bnr_slowmovement.jpg
Twitter
ブログ内検索
アクセスカウンター
単位換算
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やさいカフェ
 
~新年の祝い 野菜と山とみんなのカラダ~

■内容
ハッピーニューイヤー。
 
おめでたい おめでたい いったい 何に感謝すればイイのって
 
自然? 食べ物? 生まれた命??
 
むずかしい話ではありません。
 
今ここに全てが集う。
やさいカフェで楽しい一年のはじまりを祝いましょう。
 
今回のやさいカフェでは、べじたぶるぱーくの冬のお仕事でもある 伝統工芸「能勢菊炭」を使用して湯を沸かします。
 
水と火に感謝する。
右にも左にも感謝する。
 
一礼して茶を点てる。
味わって 飲む。
 
喫茶とは こんなに有り難いものだったのか。
 
山の木を切り 火をおこす。自然のぬくもりを肌で感じる。
 
山と畑のつながりを聴き
 
やさいとカラダの関係を聴く。
 
■日程
2011年1月20日(木)
■時間
18時00分 : 開場
19時00分 : お食事しながら山のお話 お料理の話
20時00分 : ワークショップ 『能勢菊炭で沸かす』
茶道体験(抹茶)もしくはコーヒー講座(ハンドドリップ体験)のお好きな方を体験しながら交流。
21時00分 : 解散
■料金
1800円(できるだけ予約をお願いします。)
※料金に、お食事と菊炭ワークショップの参加費が含まれています。
■備考
<お料理の内容>
◎お抹茶/コーヒー(お菓子付)
◎お粥セット
べじあぶるぱーくで採れたお野菜を一緒に炊いたお粥と、お惣菜(煮物、和え物、香の物)のセット☆
霜がおり野草も枯れる寒さの中で元気に育ったお野菜たちの滋味豊かな味わいをいただきましょう♪
■定員
15名
■連絡先(お問い合わせ・予約受付先)
yoyaku@cafeslow-osaka.com/(カフェスロー大阪)
※お名前・人数・連絡先を明記の上、上記アドレスまでメールをお願いします。

■プロフィール(講師、出演 等)
<料理人プロフィール>
DSC02395.JPG
☆フジマルシホ
カフェスロー大阪のキッチンスタッフ。
野菜大好き!ビーガン料理人。
野菜の美味しさ、料理を作る楽しさ、みんなで食べる喜びをシェアできればと思います☆
※ビーガン(vegan)
肉・魚だけではなく、卵も乳製品も使わず料理もお菓子も作る料理人。

<農家プロフィール>
o0800053210256244118.jpg
☆うえだあゆむ
1983年生まれ。
大学中退後、インスタント食品ばかり食べているフリーターであったが様々な職を転々とするうちに食に興味を持ち、野菜作りをしたいと思う。
2008年より尾崎 零氏の研修生となり、この春より独立して『べじたぶるぱーく』を主宰。
新しい農業の形を模索中である。
べじたぶるぱーく:http://www.vegetablepark.com/

【主催】ココスタイル・ラボ
【協力】ベジタブルぱーく、カフェスロー大阪
PR
この記事にトラックバックする:
Copyright © Cafe Slow Osaka【イベント情報】 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]